投稿者「hidamari23」のアーカイブ

ひいじいちゃんとアンパンマン②

久しぶりに動かしたアンパンマンのぬいぐるみ。
案の定電池切れか、私が何回押しても動きませんでした。

まぁでも次男は動かなくても楽しそうに遊んでるし、また今度電池変えとこ~くらいの気持ちでした。

ところが、次男が一度ポチッと押したら動き出したんです(@_@)


まぁでも電池の接触具合でたまたまなっただけでしょ(^^;と思っていたら…
いきなり私を通り越して私の背後をじーっと見つめる次男。(しかも何かを目で追ってる感じ)
そしてニコーッと満面の笑み( ;∀;)


私以外の誰かが見えてたのかしら( ;∀;)
だとしたらひいじいちゃん?だよね?( ;∀;)

 

 

 

 

あなたにおすすめのサイト




ひいじいちゃんとアンパンマン①

つい最近あったちょっと驚いた話です(^^;

中々子供を授からなかった私達。
長男が生まれた時はひいじいちゃんもとっても喜んでくれました(^^)/
そんなひいじいちゃんが1歳のお誕生日の時にくれたプレゼントはアンパンマンのぬいぐるみ。
アンパンマンの手を押すと音楽が鳴りながらくるくる回るやつ。

長男もお気に入りでよく遊んでいたけど1歳ならではのめちゃめちゃな遊び方だったな(笑)
でもそんな姿を見て嬉しそうに微笑んでいたひいじいちゃん(*^-^*)

ひいじいちゃんは長男をとても可愛がってくれて、長男に弟か妹ができることをとっても楽しみにしてくれていたんだけど、これまた中々授からず(´・ω・`)
結局、次男が生まれる前にひいじいちゃんは他界してしまい会わせる事ができなかったのが今でも心残りです(._.)

そして先日、次男が風邪で保育園をお休みしていた日のこと。
納戸の整理をしていたら昔長男が遊んでいたアンパンマンのぬいぐるみが!
気づいたら横で次男が遊んでました(^^)/

ずっと使ってなかったから動かないかな~なんて思いながらスイッチを入れると予想通り動かず。

続きます。

 

 

 

 

あなたにおすすめのサイト




子供に考える力をつける為にやっていること。

前回、このままではやばいと思った私が実践している小さなことをご紹介します。
前回までのお話は詳しくはこちらから見れます。
私のとっている行動が子供をだめにしているかも…と気づかされた話①

とりあえず言いたいことがあってもぐっと我慢。
ついつい子供が行動する前にあれよこれよと助言をしてしまう私の悪い癖を治すこと!
これが中々難しい(^^;
息子も私が助言することに慣れてるもんだからこれどうするの~?って聞いてくるし(笑)
でも、自分で考えてごらんって言って考えるようにはさせています。

出来るだけ子供に決定権をもたせる声掛けをするようにする。
今までは休みの日の一日の予定は私の都合で決めていたけど、可能な範囲で息子に決めてもらってます。
例えば公園に行く時は、「今から公園に行くよ~」ではなく「今日公園に行くけど何時から何時まで公園で遊ぶ?」っていう言い方に変えてます。
最初はずっと公園で遊ぶとか言われないかとひやひやしたけど意外と子供なりに楽しみにしていることがあるようでテレビが始まる時間まで!(※今年6歳になるにも関わらずいまだにEテレ大好き(^^;)とか、おやつの時間までと決めてくれるからよかった!

選択肢をいくつか出して子供に選ばせる。
今までは「ブランコ空いてないから滑り台しよう」といいがちだったけど最近は「空くまで待つか、他のもので遊ぶかどっちにする?」と選択肢をだして子供に選んでもらってます。
そうすると子供なりにその時の気分で考えてくれるし、自分の決めたことだからぐずらず意外とうまいこといきます!

去年くらいから、なんでなんで?の時期に突入した長男。
なんでこれはこうなの?なんであれはああなの?ってなんでもかんでも疑問にもつのはすごいなぁと感心しつつ答えられるものは答えてわからないことはにごしてきたダメな私(^^;
でもせっかく子供が疑問に思っていることだから一緒に考えてあげることで、わからない→調べる→わかる→楽しい!につながってくれればいいなと。

小さいことだけど意識するのとしないのでは違うかなと思って実践中です!

 

 

 

 

あなたにおすすめのサイト





私のとっている行動が子供をだめにしているかも…と気づかされた話【END】

でも考えてみたら子供うんぬんの前に私の問題でもあるなと。

例えば子供同士でおもちゃの取り合いをしたときとか、子供たちがどう対処するか見守れたらいいんだけど、おもちゃを取ったのがわが子だとしたら相手の親御さんの目を気にしてついつい注意しちゃったり…
子供のしつけの為っていいながら自分がどう見られてるかを気にしちゃってる自分がいるのも事実。

まずは自分自身の意識を変えてから子供に関わらないと!と思いました”(-“”-)”

そこで考えた私自身の課題。

まずは子供を信じる。
何があってもこの子なら大丈夫!って大きな気持ちで接する事!

自分の物差しで物事を見ちゃってるから(自分の経験上)これは怖い、これは危ないって思っちゃう。
でも私は怖かったけどこの子は怖くないかもしれない、危なくないかもしれないっていう考え方をしてみよう。

人の目ばかり気にしてわが子の気持ちを見逃してるかもしれない。
危ないこと以外はできるだけ子供たちの判断にゆだねて見守りに徹しよう。

失敗してもいい!
失敗してわかる気持ち、答えもある。
小さな失敗をいっぱいして学ぶことで、結果、取り返しのつかないような大きな失敗を防げたらその方がいいもんね!

長々とお付き合い有難うございました。
次は具体的にどんなことから始めているかをご紹介しますね(^^)/
 

 

 

 

あなたにおすすめのサイト




私のとっている行動が子供をだめにしているかも…と気づかされた話③

必死に検索したところ、気になった内容を発見。

うん、ほとんど同じようなこと言ってる( ;∀;)
うちの子はまだ保育園だから少々内容は違うけど同じようなもん。

こういう言葉かけをしていたら朝から晩まで親が子供を干渉しているのと同じなんだって。
子供が自分で考えて動く前にやること、気をつけることを親が言ってしまってるから自分で考える力が伸びない。
家庭内では問題ないけど、学校、社会に出た時、周りの指示がないと何をしていいかわからない。
学校、社会にとけこめない。
引きこもる。

( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

良かれと思っていたことが裏目になるなんて。
でもこれって普通の言葉かけじゃない?
うちだけ?
逆にどんな言葉かけしたらいいの?
ってプチパニック(;’∀’)

続きます。

 

 

 

 

あなたにおすすめのサイト




私のとっている行動が子供をだめにしているかも…と気づかされた話②

心配性ゆえ日頃からついつい物事を先回りして子供に接してしまう私。
そっち行ったら危ないよ~、とか、そうやってやったらケガしちゃうよ~、とか。

そしてこの前、テレビを見ているときに何げなくいった息子の言葉。

「僕大きくなったら飛行機乗る人になるー!
あ、でも飛行機おっこちるかもしれないから、ママ、ダメだよね?」

なんかすごいショックでした。
小さい時の夢って純粋になりたいものをいうもんじゃない?
こんな小さいのに自分の将来の夢を自分だけの気持ちで決めていないというか決めれないんだなって。
そうさせてしまったのは私なんだなって。

すごい罪悪感と不安にかられてこのままでいいのか…と育児書やネットで検索しました。

続きます。

 

 

 

 

あなたにおすすめのサイト




私のとっている行動が子供をだめにしているかも…と気づかされた話①

私は昔からすごく心配性で石橋をたたいてたたいてちょっとでも不安があったら結局渡らないような慎重なタイプ(^^;

 

自分のことは自分で判断できるけど、子供は何をするかわからないから余計に心配症に拍車がかかったような気が…

自分でも心配しすぎという自覚もあり、心配してることに疲れたりすることもしばしば。

長男が小さいころもちょっと悩んだ時期がありました。

同じくらいの月齢の子が集まる子育て支援センターや公園に連れて行った時、気が付けば私一人ずっと息子についてまわってる(^^;

まだ物事の良し悪しがわかっていない分、周りの子におもちゃをなげないかとか押したりしないかとか気になっちゃってじっとしてられないんです。

こういう場所でママさんと知り合って、子育てのこと色々情報交換したい!と思っても私がじっとしてないから他のママさんとゆっくり話ができる機会もなく(^^;

おうちに帰ってちょっと落ち込んだりもしました。

よーく見れば私と同じ様な行動をとってるママもいたのかもしれないけど、その時はそんな心の余裕もなく、みんな程よい距離感で子供を見つつママ同士おしゃべりができていて。

余裕のない自分がちょっぴりみじめで孤独を感じたりもしました。

長くなるので続きます。

 

 

 

 

あなたにおすすめのサイト




最近の悩み…次男の卒乳のタイミング。踏ん切りがつかない。私が(笑)

今まで卒乳って赤ちゃんが卒乳にむけて頑張るイメージだったけど、次男の卒乳を目前に私が卒乳にむけて頑張らないとと思っています(^^;

長男の時は母乳で育てたのは1ヶ月くらいでそのあとは完ミ(完全ミルク)でした。

何が辛いって夜中に3~4度起こされるたびにミルクを作る作業。

さっむい中ミルクを作るのも辛かったし作ってる間に長男も目が覚めてしまって寝かしつけるのにも時間がかかるという悪循環。

こっちも半分寝ぼけて作るもんだからミルクの粉はこぼすし起きたら枕元に哺乳瓶は転がってるしで中々カオスな寝室w

その点、次男出産後の今は母乳の出も良くて、長男の時には考えられなかったけど1歳2か月の今まで完母(完全母乳)ですくすく成長中。

完母の何がいいって出かけるときも荷物少ないし、夜中起きてもパクっとおっぱいあげるだけで寝てくれる。時間にして3秒もかからないw

添い乳だからこっちもあげながら寝られるから長男の時の寝不足が嘘のように睡眠時間確保できてる自分にびっくり。

だから忘れてたんです。

いつか必ずくる卒乳の存在( ;∀;)

母乳育児でも乳腺炎になったり乳首が切れたり色々トラブルがあるから一概に楽っていうと語弊があるけど、私個人は特に大きなトラブルもなくミルク代もかからないしいいことずくめでした。

だから何も考えず泣いたらおっぱい、夜中もおっぱい、朝一おっぱいw

そして親子そろっておっぱい依存症( ;∀;)(笑)

こうなると卒乳難しいよねって気づいた時には時すでに遅し(‘_’)

まぁ、まだ1歳2か月だしそんなに焦らなくてもいいよね~という気持ち2割。

このままずるずるいくともっと卒乳辛くないか?という気持ち2割。

早く卒乳して大好きなお酒を気にせず飲みたい!という気持ち6割!(笑)

そんなことを思いながらもまだ今はお酒を飲みたい欲より睡眠欲の方が若干上回っているので卒乳計画はもう少し先に延ばそうと思ってます(^^;

また本気で卒乳を考え出したらレポできたらと思います!

 

 

 

 

あなたにおすすめのサイト